ゴジラの赤ちゃん


HOME > ゴジラの赤ちゃん

art/work


ゴジラの赤ちゃん

nmjh2.gif
ぼくはあまり個人依頼を受ける立場にない。そういう看板を背負っているわけでないので、大概がメーカーからの作業になる。あるいは出版社からであったり。
でも頼まれれば同人誌の記事を書くし、今まで数件は、個人から頼まれた立体物もあった。
残念ながら手元に写真を残していないが、アニモデル用のクリーチャーを作った事もあった。
東京おとなクラブで知り合った川村徹雄(スタジオエフェックス)さんからの依頼で建築模型の会社に居る頃、空いた時間に作った。
芯はアルミ線で、粘土原型から石膏型起こし
、ラテックスで成形。たしか2体だったと思う。
その頃作ったのが、写真のゴジラの赤ちゃん。85、86年頃?
建築模型の会社は渋谷と恵比寿の間くらいにあり、昼休みともなるとどちらかと言えば近い恵比寿の方へ行く機会が多くて、ある喫茶店で働くお気に入りのお姉さんへプレゼントした。
彼女は、その店へ通い出した頃にすでに結婚をするという話であった。
だから、高嶺の花と言うより、道理の通らない憧れだった。
それでも毎日顔を見て2、3、声をかければ心情も揺らぐ。いつか居なくなるだろうから思い出にと作った贈り物だった。
ゴジラの赤ちゃんは、ミニラではない。モスゴジの赤ちゃんだ。
2つ抜いて1つを自分用に残そうと思ったら、<怪山展>の打ち合わせでやってきたビリケンの三原さんが持ち帰ってそ
のままになっている。
プラキャスト。5〜10センチほど。