マーミット その2


HOME > マーミット その2

ソフビ原型(99年~10年)

<マーミット>

●東宝スタンダード

DSC01.jpgDSC603.jpg
東宝のミドルサイズを一通り作った後に、スタンダードで依頼が来た。怪獣のソフビ人形はスタンダードと言うくらい、この22センチサイズが王道であり、存在感もしっくり来る。
例えば、マルサン当時の22センチは、自分なら5、6才だったから、大人サイズへ直すとその何倍にもなる。50センチあったって、比率で言ったら足りない。怪獣は幼稚園児にはかなり大きな玩具だった。
しかし、いざ大人になってみると、スタンダードサイズは肉感的にちょうど良い。
モールドを入れすぎる事なく、再現を過ぎる事もなく、22センチの条件の中で表現されたものを手に取り、掌の中のイマジネーションを膨らます。ぼくが思うにやはり腰に指が吸い付く怪獣が良い。
かつてのマルサンの怪獣は、遊ぶ度に腰の色が剥げたものだった。大人になってもついつい腰に手を回す。遊ぶわけではないが、人形の頭のてっぺんから足の先まで味わって眼福を得る。
そんなつもりで、作り手の側へ回って原型を起こした。
ビオゴジ、スペゴジ、デスゴジ、メカキングギドラ、VSメカゴジラ、Fマンダ、Fアンギラス、Fラドン、変わり種で、ムーンライトSY-3、海底軍艦も一応、スタンダードサイズ。なのだ。
東宝以外だと、世界の怪獣シリーズで、ザゴラ、バグン、ドルゴ。
マシンザウラー、悪魔ッ子、鏡京太郎、エレキング、キカイダー、ハカイダーもやった。
写真はメカキングギドラ。これは大変だった。
kt-136a_1.jpgkt-136a_2.jpg



●その他

マシンザウラー
悪魔ッ子
鏡京太郎
エレキング
キカイダー
ハカイダー