猫をつくる


HOME > 猫をつくる

cat/inogashira




●猫をつくる!

1498012577_48.jpg1341708114_228.jpg
いつも怪獣ばかり作っているので、たまには猫をやってみたくなった。
行きつけのドナテロウズで長く付き合ってくれたパンダという猫が、去年亡くなった。
パンダはとても良いヤツで、いつもそばに来てくれた。そこで思い出を込めて作ったのだけど。難しい。
リアルに作るほど、似なくなる。かといって、マンガちっくに作るのはアレなもので(笑)。
とにかく作ってみるしかないんですね。
続けて、自宅の美也嬢を。
少し若い頃の容姿を再現。現在はもっとふっくらしています。
3つ目は、マンガちっくに。昔のソフビのようになってしまう。
でもこうやって粘土をいじると、猫というか、生き物のカタチの素晴らしさを再認識します。人間はおごってはいけない。
FTUJ.jpg1327482257_43.jpg1328528435_174.jpg
作り方は簡単で、発泡材などで芯を作り、石粉の粘土をこねて巻いて乾燥させて、削ったり磨いたり。あとは色つけ。とくに面倒でありません。
ただし、どういう方向性で再現するか?考えないと一貫性がなくなってしまう。
ぼくはそもそも、ものすごくリアルというのは苦手です。
そこそこ実在感があって、あとは良いカタチが出て来たらそれに合わせます。だからこの場合、ぼくがこれでいいと思ったら完成。
ただもし人に頼まれるとしたら、その人の納得のいくカタチという事になります。

xxf1.jpg4683337.jpeg




こっちは可愛くマンガちっくに。これはこれで、悪くないのだけど。
1357879260_79.jpg1357879260_175.jpg